Read Article

広告

痛風に効果があるとされるサプリメントを飲んだが効果なし

 

 この記事は40代の男性に書いていただきました。痛風に効果があるというサプリメントを飲んでいたようですが、知識がなかったため騙されてしまいました。

 サプリメントで痛風が良くなるなんてことはありませんので、皆さんも気を付けてください。

…………..体験談はここから

 痛風は主に食生活と体質でなると言われています。特に気をつけなければならないのが食生活。少しでも心当たりがある人は今から気をつけた方が良いです。痛風は高血圧や糖尿病などと合併して現れることが多く、これらの病気と同じで食生活の乱れの原因だからです。

 痛風と高血圧と糖尿病の共通点は肥満です。痛風の場合にはこれにプラスしてプリン体の摂りすぎという問題も加わります。つまり、プリン体が多くなると尿酸も増え、痛風発作の引き金になるということです。

 このプリン体、特にどんなものに多く含まれているでしょうか?痛風になると、プリン体が多く含まれる食べものを避けなければいけないのですが、プリン体が多く含まれる食べ物(飲み物)は本当にたくさんあります。

・煮干し、鰹節、干しシイタケ、ホルモン・レバー等の内臓系、カツオ、イワシ、エビ類(大正えび)、ビール
と軽く挙げるだけでもこんなにあります。

 大まかにいいますと、うま味の強い食べ物に多く含まれてしまう特徴があるようです。特に厄介なのはプリン体は水に溶けだすという事です。煮物や鍋料理なんかにも多く溶けだしてしまいます。ですので鍋料理の〆の雑炊なんていうものは一番の大敵と言えるでしょう。

 もちろん節度を守って食べる分には支障はありませんが、中年を過ぎたらほどほどにするのが良いです。

広告

食生活と薬

 痛風を患ってしまうと基本は食事療法と薬物療法を並行して行っていく事になります。私の場合は、上に挙げた様な食べ物に気を付けながら尿酸値を抑える薬を服用していました。

 しかしながら痛風の怖い所は、発作がおさまると普段と何ら変わりのない体調になるという事です。のど元過ぎればなんとやらで、発作の痛みが遠い記憶に変わってくると元の食生活に戻ってしまう事もしばしばなのです・・・。

 一番良いとされているのが、溜まってしまった尿酸を効率よく体外に排出する事です。尿酸は尿でしか体外に排出されませんので、沢山の水を飲んで(1日2L程度)効率的に体外に排出する事が良いという事です。

痛風のためにサプリメントを飲んでみた

 食生活は野菜を食べるようになったり少しずつ変わっていきましたが、万全を期したい思いからサプリメントも試すことにしました。

 痛風の見えない恐怖に悩ませられながら日々の生活をしており、忘年会シーズンや接待が続き暴飲暴食が続くと、「そろそろ来るんじゃないか・・」とビクビクしながら過ごしていました。

 そんなある日 サプリメントの広告が目に入りました。それまで、色々と痛風に良い食べ物や悪い食べ物について調べていたので、効果的に必要な成分だけを採る事が出来るサプリメントに魅力を感じました。

 それは、青魚に多く含まれる「DHAとEPA」という成分が摂れるサプリメントでした。「DHAとEPA」は血液をサラサラにする効果により尿酸の排出が良くなると聞いていたので(よくよく調べると違いました)、可能性を感じ、試してみる事にしました。

 初回という事で金額がリーズナブルだった事も手伝い早速毎日決められた個数を飲んでみました。2週間くらい経ったある日、足にかすかな痛みを感じました。

「まさかな・・」

 しかし、痛みは日を追うごとに増していきます。間違いありません。痛風発作の痛みです。

 色々と調べていくと、「DHAとEPA」と痛風(尿酸)には因果関係はないとのことです。「DHAとEPA」は血液をサラサラにするかもしれませんが、痛風の原因である尿酸は腎臓を通して尿から排泄されるので、特に気を付けることは腎臓の機能です。

 ですので、腎臓に負担をかけるお酒を飲まないようにすることのほうが痛風には有効だと思います。

 何やら「DHAとEPA」のサプリメントを売るためのサイトに騙されてしまったようです(笑)サプリメントを飲んから2週間で痛風発作が起こったことは偶然だと思いますが、いずれにせよサプリメントには効果は無いと思われます。サプリメントを飲むより水を1日2ℓ飲んでおけば良かった(笑)

[参考記事]
「痛風になると腎臓が悪くなって人工透析になる可能性がある?」

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top