Read Article

広告

痛風体験談 大西さん編①会社の健康診断で尿酸値が8以上

広告

この記事は痛風経験者の大西さん(40代男性)に書いていただきました。

………………………

私は、23歳という若さで結婚しました。
妻も若くしての結婚だったので料理をしたことがなく、とても苦手で煮物などのおふくろの味的な料理がほとんど作ることができませんでした。
そこで簡単な揚げ物や炒め物料理が食卓に上ることが多く、私も若かったので大変おいしくいただいたことを覚えております。
しかし、このような食生活から結婚後約5年間で体重が10キロ近く増えてしまいました。
これまで野球、サッカー、テニスなどのスポーツが大好きで体を良く動かしていたので、体重の増減を気にすることのなかった私にとって、初めて体験するショッキングな出来事でした。
そこでその当時、まず取り組んだのが「油抜き生活」(自分の中ではそのように呼んでいるのですが)でした。
できる限り野菜や魚類を中心とした食生活に切り替えるというものでした。
それを半年ほど継続して経過を見たところ、かなりの効果が認められ、また、そのおかげで自分自身の料理を作る腕が上がりました。
その後も何度か体重が増えるたびに、この試みを繰り返して体重をリセットすることに成功しておりました。

[参考記事]
「肥満になると痛風になりやすいの?」

しかし、年齢を重ねるにつれ、これまでよりその効果が徐々に薄れ、40歳代に突入したころから顕著に薄れることとなり、思うように自分の体重をコントロールすることができない状態に至りました。
それは、年齢に伴い代謝が衰えてきたことが大きな要因であったに違いありません。
また、その頃は仕事についても忙しい盛りを迎え、出張が多くなり、仕事上の付き合いなどで外食や飲む機会が大変多くなりました。
これに呼応するように毎年、職場で受けている健康診断における結果に異変が生じ始めました。
それは、肝臓の数値とともに「尿酸値」の値が恒常的に悪くなり、通常値を超える8以上の数値が続きました。
職場の先輩や知人によると、尿酸値が基準を超えると「痛風発作」の症状が出て、その痛みは強烈な激痛を伴うものだと聞かされました。
しかしながら、その当時は基準を超えていた私には何の異常も出ていませんでしたので、どこか他人事のような感覚でした。
このような状況であったので大好きなアルコール(主にビール)をほとんど毎日飲み、休肝日を設けることなく、また、痛風に悪いといわれている食べ物を気にすることなく、自分の生活習慣を全く変えない日々を送りました。
その結果、結婚した当初の体重57キロから40代中盤を迎えたころには、75キロをオーバーする状態となり、メタボ予備軍となってしまいました。
後で調べてみて分かったことですが、私が大好きなビールなどのアルコールや魚の干物、丸干しなどの加工物すべてにおいて痛風の最大要因となるプリン体なる物質を多く含んだものばかりであったのです(参考記事「痛風になりやすい食べ物(食品)、なりにくい食べ物」)。
いわば私の過ごしてきた食生活および生活習慣は、「痛風」への道をまっしぐらに突き進むこととなったのです。
そして恐ろしい「痛風発作」を体験することとなりました。

[関連記事]
「痛風体験談 大西さん編②悪夢の痛風発作。布団が触れても痛い」

「痛風体験談大西さん編③生活習慣の改善に着手。水分管理の大切さ」

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top