Read Article

広告

自律神経が乱れると尿酸値が上がり、痛風になるのか?

広告

 

自律神経が乱れると、体の色々なところに変調が起こりますが、尿酸値が上昇し、痛風になる可能性はあるのでしょうか。

◆ 自律神経とは

自律神経とは、自分の意思ではコントロール不可能な神経で、体のあちこちの機能(内臓、血管など)に影響する重要な神経です。
自律神経は、交感神経と副交感神経に分けられ、交感神経は、体を活発に活動させる神経で、副交感神経は逆に、体が安静なときに働く神経になります。
体が活発なときは、血管が収縮したり、脈が早くなるなど、交感神経の作用で緊張状態になります。
寝ている最中は、リラックスしているので、脈が遅くなり、血圧も低く、副交感神経の作用が強くなります。

この自立神経が働いていると、日中は元気に活動できて、夜はぐっすり眠れるので疲れがたまることがないのですが、自律神経が異常をきたし、自律神経失調症になると、交感神経と副交感神経のバランスが崩れます。
すると、めまいがする、だるい、偏頭痛、夜寝られなくなるなど、生活のリズムが崩れてしまいます。

◆ 自律神経と尿酸値

自律神経が乱れる原因のひとつとしてストレスがあげられることは、よく知られていますが、尿酸値の上昇もストレスと関係があります(参考記事「痛風はストレスがあるとなりやすいの?」)。
ストレスと尿酸値の詳しいメカニズムは、まだわかっていませんが、尿酸値を上昇させる原因として、自律神経が関係するのではと考えられています。

ストレスなどから、自律神経が乱れると、交感神経が働くので、体や心は緊張状態になります。
すると、体は活動的になりますので、エネルギーをたくさん消費します。
エネルギーをたくさん消費するということは、ATPという物質をエネルギー源として使いますが、これがプリン体の原料となり、尿酸が増えてしまいます。

また、交感神経が働くことは、血管が収縮するので血液の流れが悪くなり、腎臓への血流も悪くなります。
すると、腎臓の働きが低下しますので、腎臓からの尿酸排泄がしにくくなり、尿酸値が上がり、痛風になる可能性が出てくるのです。

◆ ストレスをためないように生活する

自律神経のバランスに異常をきたす人は、ストレスをためやすい性格という側面もあります。
完璧主義や頑張りすぎてしまう人は、ストレスを抱えやすく自律神経が乱れ、自律神経失調症になりやすいタイプの人です。
また、生活が不規則なのも自律神経には良くありません。

自律神経のバランスは、体のあらゆるところに支障がでるだけでなく、尿酸値をあげる危険性もあるので、ストレスをためないように、頑張りすぎず休むことを心がけましょう。

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top