Read Article

広告

痛風に使える市販薬

広告

 

 痛風をひとたび起こすと、急な激痛に数日悩まされてしまいます。病院に行ける場合は、まず医師の診断を受けて痛風の痛みを止めてもらいましょう。

 しかし、この痛風発作を起こすのは、夜中であることも多く、すぐに病院に行けない可能性があります。その場合、市販薬で一時しのぎをしなくてはいけません。そこで、市販薬の使用についての注意点をご紹介します。

◆ 使用してはいけない市販薬

 痛風の激痛は、関節に炎症が起こっている状態なので、消炎と鎮痛の作用がある薬を第一選択としたいのですが、使用する薬を間違えると、尿酸値が上がってしまい、かえって痛風を悪化させます。

 痛風を悪化させるのは、「アスピリン」を含む薬です。アスピリン(アセチルサリチル酸)は、消炎・鎮痛・解熱の作用があるので、一見効果的な薬に思えますが、痛風に関しては、逆効果なので注意しましょう。

◆ 具体的なアスピリン系市販薬

 アスピリン系の市販薬には、どのようなものが該当するのでしょうか。薬局で購入できるアスピリン系の薬は、バファリン、エキセドリンA、ケロリンなどです。薬局で必ず見たことのある市販薬かと思いますが、これらの市販薬は、痛風が起こっている状態では、どんなに足が痛くても服用してはいけません。

◆ 使っても大丈夫な市販薬

 痛風発作のときの痛み止めは、市販薬ではロキソニンやイブ、ボルタレンであれば、一時しのぎとして使用は可能です。

 ただし、ロキソニンは、第1類医薬品になるので、薬剤師のいる薬局に行かないと買うことができません。イブも非ステロイド系の消炎鎮痛剤ですので、ロキソニンと同じく使用可能です。ロキソニンやイブは飲み薬ですが、ボルタレンはテープ剤や塗り薬になります。

 ただ、これらの痛み止めは、副作用として胃腸障害を起こすこともあるので、胃腸の弱い方は、薬剤師によく相談の上で使用してください。

◆ 尿酸値を下げる薬について

 痛風が起こってしまった時の一時しのぎとして、市販の痛み止めを使うことは可能ですが、根本的な原因である尿酸値を下げることは、これらの市販薬ではできません。

 痛風発作により、激痛に見舞われた関節は、痛み止めでやり過ごせば、数日で治まるかもしれません。しかし、その原因である尿酸値が下がっているわけではないので、生活の改善をして痛風発作を起こさない努力をしましょう。

[参考記事]
「痛風の予防はどうしたらいいの?」

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top