Read Article

広告

痛風の人はローヤルゼリーを食べても大丈夫?プリン体量は?

広告

 

 ローヤルゼリーのプリン体の量は100g当たりで換算して計算すると少ないとは言えないのですが、痛風の人でもサプリメントで多少摂取するくらいなら問題ありません。

 最初に滋養強壮に良いとされるローヤルゼリーについてご紹介し、最後にローヤルゼリーのプリン体量や痛風の人はどれくらい食べていいのかなどを説明していきます。

ローヤルゼリーって何?

 ローヤルゼリーという名前はよく聞くけれど、蜂蜜からできたもの、または蜂蜜の成分なのではと誤解されがちです。蜂蜜は、働き蜂が花の蜜を集めて巣に蓄えたものですが、ローヤルゼリーは、働き蜂が体内で作り上げます。材料は花粉や蜂蜜ですが、これを消化することで白っぽい液を体から出します。

ローヤルゼリーは女王蜂の特別食

 ローヤルゼリーは、女王蜂の特別なご飯です。卵から孵化するまでは、女王蜂も働き蜂も違いがないのですが、働き蜂はローヤルゼリーより栄養が少ないご飯だけを食べるので、あまり大きくはなりません。それに対して女王蜂は生まれてから死ぬまで栄養の多いローヤルゼリーを食べているので、成虫になる頃には体の大きさが働き蜂の2倍にもなるのです。

ローヤルゼリーはどうのようにして売られているのか

 ローヤルゼリーは、サプリメントとして一般販売されており、ドリンクやソフトカプセルなどの形になっていたり、子ども用の顆粒タイプもあります。中には、医薬品として一般販売されているローヤルゼリーもあります。

ローヤルゼリーはプリン体が多い?

 女王蜂しか食べられない特別なご飯であるローヤルゼリーには、プリン体が多く含まれています。食品100g当たり200mg以上プリン体が含まれていれば、プリン体が多い食品の扱いになり、痛風の人には要注意になります。ローヤルゼリーは、100g当たり約400mgのプリン体があるので、プリン体は多い食品ということになります。

 しかし、健康食品や医薬品に含まれるローヤルゼリーを1日に100gも一気に食べることはないので、プリン体が多いからと神経質になる必要はありません。プリン体が多いかの基準は100gという重さで考えているので、普通サプリメントでローヤルゼリーを摂る場合、1日当たり1.6gや2.4g~4gなどメーカーによって目安量に差はありますが、100gには到底及びません。例えば1日4g食べたとしてもプリン体量は16mgです。ですので、プリン体を摂りすぎることは考えにくいので、痛風や尿酸値が高いときでも健康のためにローヤルゼリーを活用できます。

[参考記事]
「クロレラはプリン体が多いので、痛風の人は食べてはいけない」

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top