Read Article

広告

痛風や高尿酸血症の芸能人

広告

〇中尾彬
=>痛風発作の痛みを「1トンの大きな石を足に落とされた痛み」と語っていました。
本人は痛風になった原因を「肉をたくさん食べて、野菜を食べていなかったから」と言っていますが、肉自体のプリン体はそれほど多くありません。
焼き肉で気をつけなければいけないのはレバーです。

〇サバンナ高橋茂雄
=>「黄金伝説」という番組で痛風を発症しています。
その後、病院に行って、痛風だと判明。

〇六角精児
=>六角精児さんといえば「相棒」の鑑識官の役で有名です。
また、六角さんは歌手でもあり、
「お父さんが嘘をついた」という歌で「若いころから偏食がたたり、尿酸値が異常に高い♪
医者から食事制限を告げられる。しかし、塩辛、あんきもは止められない。痛風に怯える」
と謳っています。
歌詞の通り、六角精児さんは痛風です。

〇たむらけんじ
=>「たむらけんじのホンマは教えたくない 味が!満足度が!オカンが! A級大阪グルメガイド」の出版イベントで以下のことを発言しています。
たむらけんじさんは焼き肉屋の経営者ですので、レバーなどのプリン体の多い食べ物を食べ過ぎたのでしょうか。

「普段から僕が本当に通っているお店を載せています。最近、足に変な
痛みがありいよいよ痛風も間近やと思うんですが、それだけの蓄積をして集めたお店ばか り。絶対に間違いありません」


〇NON STYLE石田明

=>石田さんは骨が弱く、それを治すためにジャコをたくさん食べていたそうです。
そうしたら、痛風になってしまったと本人は言っています。
食品100g当たりのプリン体が200mg以上あれば高プリン体食品に分類されますが、ちりめんじゃこは1100mgあります。

[参考記事]

「痛風になりやすい食べ物(食品)、なりにくい食べ物」

〇諸星和己
=>諸星和己といえば光ゲンジで一世風靡しましたが、その時の食生活が元で痛風になってしまったようです。
病院に行ったら痛風腎だとも言っていましたので、相当痛風が悪化しています(参考記事「[痛風の合併症 痛風腎]痛風になると腎臓も悪くなる」)。

みなさんご存知の通り痛風の薬を飲んでまして、その副作用でだ腎臓にはりついてんだってこう、それをこう疲れるとそれがこう尿がこう回っんなくなって傷がついて出てくる血がね。


〇ケンドーコバヤシ

=>痛風の痛さを番組の中で以下のように話しています。

〇痛みはえげつない。足首切断されて、そこを槍で突かれている感じ

〇ロシア人のゴリゴリのやつに踵を握りつぶされる感じ


〇さまぁ~ず三村

=>2008年、「説教先生」という番組の中で痛風を発症。
ロケの途中で病院に直行しています。
その時、「毛布をかけても痛かった」と回想しています。
また、「モヤモヤさま~ず2」で痛風の痛さの中、出演していました。
オープニングの時に「白子2個食べちゃって」と言ってました。
白子のプリン体は100g当たり300mgあります(食品100g当たりのプリン体が200mg以上あれば高プリン体食品)。

〇華原朋美
=>芸能活動を休業していた2007年頃から痛風になってしまったとイベントで話しています。
原因はラーメンだと言っています。
ラーメンのだしにはプリン体が多く含まれていますので、汁まで飲み干せばあり得る話です。

また、ストレスも痛風になってしまった原因でしょう(参考記事「痛風はストレスがあるとなりやすいの?」)。

〇綾小路きみまろ
=>「妻の口一度貼りたいガムテープ」という本に

わたしは父が痛風、母が糖尿病のハーフです。いまのところ糖尿病にはなっていませんが、しっかり痛風にはなりました。

「有効期限の過ぎた亭主・賞味期限の切れた女房: 綾小路きみまろ独演会」という本にも

やっと、この商売で食べられるようになりました。おかげまさで、明日の朝9時から撮影が入っています。レントゲンの。
痛風からくる尿管結石です。痛み止めを打ちながらこのステージを務めております。

[参考記事]
「[痛風の合併症] 尿酸値と尿路結石は関係あるの?」

〇笑福亭鶴瓶
=>東京映画記者会で「酒の飲みすぎで痛風になりました」と語っています。
お酒はプリン体が含まれているという理由の他にアルコール自体も痛風の原因になります。

[参考記事]
「痛風とアルコールの関係」

〇バナナマン日村
=>尿酸値が9mg/dL以上あることを話していますので、完全に高尿酸血症です。
7mg/dL以上で高尿酸血症と診断されますので、それを軽く超えてしまっています。

[参考記事]
「痛風は尿酸の結晶化(尿酸塩結晶)が原因」

〇片岡鶴太郎
=>ブログで「尿酸値が8mg/dL以上ある」と書いていましたので、高尿酸血症です。

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top