Read Article

広告

股関節が痛いのは痛風が原因?

広告

 

関節に関連する病気は、痛風がありますが、果たして股関節が痛むとき、痛風が関係するのでしょうか。

◆ 痛風は関節に起こるけれども
痛風は関節に起こる病気ですが、膝から下の体温が低い関節に現れることが多いのが特徴です。
特に、最初に痛風を起こす場所の7割が足の親指の付け根の関節になります。
このことから、股関節に痛風が起こりやすいかというと、そうとは言えません。
痛風の可能性が低いとすると、一体なぜ、股関節が痛むのでしょうか。

◆ 股関節が痛いときに疑われる病気とは
股関節に痛みが出る場合、痛風に似た症状がでる病気として「偽痛風」があります。
偽痛風の場合、肩、手首、膝、足関節など比較的大きい関節に症状が出るので、股関節も偽痛風になることが考えられます。
偽の痛風というくらいなので、関節が腫れて痛みが発生じ、痛風と同じように熱を帯びることもあります。

[参考記事]
「偽痛風とは何?痛風とは違うの?」

◆ 偽痛風の診断
痛風は、尿酸が結晶化することで関節に炎症か起こりますが、偽痛風の場合は、ピロリン酸カルシウムの結晶が原因となります。
そのため、関節液からピロリン酸カルシウムの結晶が確認できれば、偽痛風と診断できます。
また、偽痛風はレントゲンを撮ると、痛風のときには見られない、関節の軟骨が石灰化している画像が確認できますので、これらの結果から診断されます。

治療は、痛みを緩和するステロイド剤や非ステロイド系抗炎症剤などの対症療法が中心で、結晶を溶かすような特効薬は残念ながらまだありません。
また、痛風は男性に多い病気ですが、偽痛風は女性でもなる可能性があります。
痛風は、体質や食生活が大きく影響しますが、偽痛風は血液検査をしても分からないことが多く、今のところ予防法がないのが現状です。

◆ 股関節が痛いときは早めに病院へ
関節が痛い場合は、その原因によって治療法が変わります。
痛風のような症状が出た場合、偽痛風の他にもリウマチや化膿性股関節炎など、いくつかの病気の可能性が考えられます。
股関節が痛いときは、がまんせずに、早めに病院で検査を受けましょう。

[参考記事]
「[痛風と間違いやすい病気] 関節リウマチ」

「[痛風と間違いやすい病気] 化膿性関節炎」

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top